土日の過ごし方

単身赴任で悩むことの一つに、おそらく土日の過ごし方があると思います。

 

家族で過ごしていたときは、家事はもちろんですが、子どもと遊んだり、叱ったり、やんちゃした時の後始末をしたりとほとんど"自分の時間"というものがありませんでした。

 

ですが、単身赴任となるとどうか?

 

自分のペースを乱す人は誰もいない、自分のことだけやっていれば問題ない。

自分のやることといっても、掃除や洗濯、食事くらいで他にやらなければならないことはない。

こんなこと、1時間もあれば終わってしまいます。

 

私自身、そこまで激しく働いているわけではないものの、土日のうち数時間は勉強や読書などに費やしていますが、そんなもんです。

 

なのでドライブや散歩など、無理やりにでも外に出るようにしないと一日がすごく長い。

 

家族で過ごしているときは、自分ひとりの時間が欲しいなぁ、と思っていたのですが、それは"家族"という存在がすぐそこにあったからこそのぜいたくな悩みだった、ということに単身赴任をするようになってから気づきました。

 

一人ぼっちでさみしい、ということはないのですが、すべて自分のペースで進んでしまうことも、(最初のうちはよかったのですが)辛いものがありますね。

 

どこまでいっても自分勝手です。

竹田城ドライブ②



道の駅あおがきを出た後は、K7を通りR427へ。

 

R427は、遠阪峠という素敵な道があります。

 

遠阪峠 - Wikipedia

 

ここは現在旧道という扱いのようですが、舗装もしっかりしており交通量も比較的ありそうです。

現に、私の少し前を走っていた車も、走りやすい遠阪トンネルを通らずに峠を駆け上がっていきました。

 

遠阪トンネル | 兵庫県道路公社 (h-dorokosya.or.jp)

 

楽しく峠を越えた後は竹田城まではすぐでした。

 

 

いい天気、というわけではありませんでしたが、きれいな風景をたくさん写真に収めたので、その一部をご覧ください。

 

f:id:wasdfg:20210624225823j:plain

f:id:wasdfg:20210624225839j:plain

素敵な仕事ですね

f:id:wasdfg:20210624225830j:plain

日は出ていましたが、木が日差しを遮ってくれました

f:id:wasdfg:20210624230023j:plain

f:id:wasdfg:20210624230044j:plain

f:id:wasdfg:20210624230107j:plain

f:id:wasdfg:20210624230125j:plain

到着!

f:id:wasdfg:20210624230152j:plain

f:id:wasdfg:20210624230159j:plain

f:id:wasdfg:20210624230226j:plain

f:id:wasdfg:20210624230233j:plain

f:id:wasdfg:20210624230301j:plain

竹田駅(多分)

f:id:wasdfg:20210624230420j:plain

f:id:wasdfg:20210624230432j:plain

よく見るアングル

 

f:id:wasdfg:20210624230644j:plain

f:id:wasdfg:20210624230700j:plain

なんて書いてあるのか誰か教えてください

f:id:wasdfg:20210624230735j:plain

f:id:wasdfg:20210624230744j:plain

f:id:wasdfg:20210624231038j:plain

f:id:wasdfg:20210624231046j:plain

誰ですかイタズラしたのは

 

さて、こんな感じで竹田城攻めのあと、どこかに行こうと思ったのですが、寝不足&翌日は仕事という残念なことに気づき、おとなしく帰還しました。

 

f:id:wasdfg:20210624231217j:plain

往復266.9km

 

この日のドライブは、

往復266.9km

燃費13.8km/l

 

でした。

 

www.google.com

竹田城ドライブ①

週末を利用して竹田城跡へ行ってきました。

2本仕立てです。

 

今回はまだ竹田城には着きません!

 

国史跡「竹田城跡」公式ホームページ | 朝来市 (city.asago.hyogo.jp)

 

 雲海で有名な竹田城ですが、個人的には雲海と聞くとパワプロを思い浮かべてしまいますねぇ。。。

 

f:id:wasdfg:20210620172303j:plain

まずはリセットですね

 

今回は(も)下道オンリーで目的地まで向かいます。

いつも通り3時00分に起床、4時00分に出発です。

 

朝早いこともあり、府内中心部の交通量は極小ですがいかんせん信号が多くなかなか進みません。

ほんと信号なくなればいいのに…。

 

さて、そんなこんなで中心部を抜け、R173を使い北へ進みます。

前日まで降り続いた雨の影響で湿度が高く、ところどころ霧が発生していました。

 

f:id:wasdfg:20210620173500j:plain

道の駅能勢

こいつ、指さしてやがる…。

 

f:id:wasdfg:20210620173557j:plain

到着時刻は5時20分

f:id:wasdfg:20210620173613j:plain

当然ながら営業はしておりません

f:id:wasdfg:20210620173648j:plain

f:id:wasdfg:20210620173701j:plain

f:id:wasdfg:20210620173715j:plain

 

道の駅能勢についたのは5時20分、何台かの車が車中泊をしていました。

車通りも少ないですし、車中泊に適した場所と言えそうです。

 

実は今回、前日の夜に出てこの道の駅で車中泊しようかなと思っていたのですが、目隠し等の装備がない中で一人で女が車の中で寝るのもどうかな、と思い断念した経緯があります。別にとられるものなんてないけどね。

 

というかこんな車に女が一人で乗っているなんて思わないか…、普通。。。

 

f:id:wasdfg:20210620180052j:plain

 

 

f:id:wasdfg:20210620180058j:plain

ちょっと前すぎたかな

R176からR173へと移り、R372(デカンショ街道)を走ります。

 

兵庫県/(丹波地域)たんば三街道 (hyogo.lg.jp)

 

デカンショ街道、なんでこんな名前が付いたかわかりませんが、のどかな田園風景のなかを突っ切っていく快走路。

早朝だから大丈夫だよなー、と思いつつもオーバーペースになりすぎないように走ります。

 

K77→K306を経由して今度はR176へ。

(K77から少し入ったところにある篠山城は今度行ってみようと思います)

 

R176は丹波の森街道と呼ばれているそうです。

デカンショ街道よりは納得感ありますね。

 

f:id:wasdfg:20210620180307j:plain

最☆高

 

続けて寄ったのは道の駅あおがき

 

ご休憩に道の駅青垣においでなはれ。お食事お土産もゆっくり楽しめます - 道の駅あおがき おいでな青垣 (aogaki.jp)

 

f:id:wasdfg:20210620184647j:plain

道の駅あおがき

 

f:id:wasdfg:20210620184812j:plain

 

f:id:wasdfg:20210620184823j:plain

新緑が美しいです


f:id:wasdfg:20210620184840j:plain

 

都会で生まれ育った私にとって、こんなに雲が近くにある経験はめったにありません。

雨降っていないのに、霧でフロントガラスが濡れてしまいワイパーが必要になるなんてこと、初めてでした。

 

いろんな経験をしています。

f:id:wasdfg:20210620184853j:plain

 

 

おしまい

 

インプレッサの中古車1か月点検

ずいぶん前になりますが、中古で買ったインプレッサ1.5i-s limitedの中古車1か月点検を受けてきました。

 

f:id:wasdfg:20210620185946j:plain

 

塗りつぶしばかりで恐縮です、

点検項目は自分でできることばかりです。

 

しかし、これを受けないと今後の保証を受けられない可能性がありますので、行ってきました。

もちろん、無料ですので損になることはないですね。

 

タイヤ空気圧、納車時に走行距離の9割は高速道路になると思います、とお話したら気を使ってくれたようで、指定値よりもかなり高い250kPa(前後)となっていましたが、今回再度測定してみたら指定値に戻っていました。

 

購入した店舗と点検した店舗が異なるので、こういうことになるんでしょうね。

 

あと、少し気になっていたエンジン始動時にエンジン回転数が大きく上下することをお話ししたのですが、的を射た返答はいただけず。。。

 

特に運転に支障はないので、もう少し様子を見たいと思います。

白崎海洋公園→高野龍神スカイラインドライブ③

最後少しだけ。

 

高野龍神スカイラインにある、ごまさんスカイタワーに寄りました。

  

和歌山の道の駅 ごまさんスカイタワー | 360°パノラマビューの展望台、龍神特産品を楽しめるレストラン・おみやげ (gomasanskytower.com)

 

 

 

f:id:wasdfg:20210617064046j:plain

道の駅ごまさんスカイタワー

 

雨がやんでからそこまで時間が経っていないこともあり、10時ごろだったと思いますが写真の通りすいていました。

 

f:id:wasdfg:20210617063947j:plain

奈良県方面

f:id:wasdfg:20210617064518j:plain

これを見て、今度は竹田城に行きたくなりました

 

f:id:wasdfg:20210617064023j:plain

わざと急斜面に見えるように撮影していますが、実際は大したことないです

 

なんでも、ごまさんスカイタワーは県内最高峰の観光施設らしく、そこをHPでもPRしていますね。

新緑の時期はそこまででもないのですが、紅葉の時期になると周辺の道がとても混雑しそうです。

 

 

ごまさんスカイタワーを後にし、続く道をひたすら駆け下り(1台ないスペースで駆け降りるワンボックスがいたので、そのあとをトレースさせていただきました)、部屋近くの駐車場に帰還。

 

14時過ぎでしたので、10時間ほど運転していたようでした。

 

f:id:wasdfg:20210617065239j:plain

思ったより燃費よくてうれしい



f:id:wasdfg:20210617065454j:plain

おつかれさまでした。

 

www.google.com

 

 

 

おしまい

cx30の一年点検の費用は?

先日、cx30の一年点検をディーラーにて行いました。

 

結果としては特に異常はなく、健康そのものでした。

というか、国産車で1年ですから、当たり前ですね。

 

エンジンオイルは事前に交換済みでしたので、費用はミドルサイズ基本点検料の14,960円のみ。

エンジンオイルやフィルターなど、必要とされる技術レベルが低いものについてはディーラーではなく、オートバックスイエローハットなどでも問題ないと私は思っています。

これについては、"誰が何を"ではなく"頻度"が重要というのが私の考えです。

 

f:id:wasdfg:20210617070449j:plain

 

1年点検(1年目)

距離:6,806km

ブレーキパッド残り:前9.0mm、後8.0mm

タイヤ(交換後):前6.3mm、後5.1mm

 

その他、エンジンオイル交換(!?)やエアコンフィルター交換をお勧めされたのですが、エンジンオイル交換は1か月前に実施済みであること、エアコンフィルターは自分で交換できますのでいずれも丁重にお断り。

 

(エンジンオイル交換、フロントドアを開けたところに交換済みシールを貼っておいたのに見なかったのかな?)

 

今回1年点検なるものを前車時代も含め初めてディーラーで行ったのですが、タイヤローテーションは基本料金に含まれているようでした。

ありがたい。

 

お財布と相談しながら賢くディーラーと付き合っていきたいと思います。

白崎海洋公園→高野龍神スカイラインドライブ②

第一目的地である白崎海洋公園を後にし、次なる目的地へ向かいます。

 

どこだっけ?

 

 

とりあえず南の方に行こう、という思いで南下を続けていましたが、どこにいくかはまったくもってノープラン。

とりあえず極狭区間のあるK24を通りR42で再び南下を開始しました。

 

南紀まで行って海岸線沿いを走れたらいいなぁ、でも時間がなぁとか思っていたのですが、気づいたらR424を走っていました。

 

f:id:wasdfg:20210611120023j:plain

道の駅ならぬ梅の駅

このころには雨も上がっていました。

 

f:id:wasdfg:20210611132600j:plain

f:id:wasdfg:20210611132624j:plain

f:id:wasdfg:20210611132812j:plain



R425→R371とつなぎ、龍神温泉を右手に見ながらトンネルを抜けると…

 

f:id:wasdfg:20210611134403j:plain

道の駅 龍神

 

休憩がてら店内に入るとヒノキのいい香り。

なんでも、建物の柱やすべて樹齢165年以上の竜神さんのスギやヒノキをつかっているとのこと。

こいつらが春に悪さをするなんて信じられません…。

 

f:id:wasdfg:20210611135547j:plain

 

f:id:wasdfg:20210611134906j:plain

壁には龍の絵と龍神の文字が

 

 

しばしの休憩ののち、今度は明確に目的地(荒野龍神スカイラインとごまさんスカイタワー)をを目指しひた走りました。

 

さて、突然ですが

cx30のコンセプトは、"人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー"としており、イケてるデザインや絶妙なサイズ感による運転しやすさ、そして(価格としては)かなり上質な室内空間が自慢のSUVです。

 

ですので、ドライバーの力量と相まってスポーティなドライビングは望むべくもないのですが、やっぱり気持ちのいい道は気持ちよく走りたい。

 

というわけで、柄にもなくガツガツ走りました。

 

f:id:wasdfg:20210611135514j:plain

 

 

つづく。